企業情報

耐震補強・液状化対策技術

「耐震補強をしたのでひとまず安心」、と思われていませんか?建物自体の耐震補強がいくらしっかりしていても、建物が建っている地盤や杭が地震で被害を受ければ、建物も健全でいることはできません。
地盤にも耐震対策が必要です。ケミカルグラウトは、耐震診断から地盤調査、そして対策の提案と施工までを一括して行うことができる地下の総合エンジニアリング会社です

港湾

港湾は、地震発生後の復旧に必要な資機材の搬入や復旧作業の拠点として、また企業にとってはBCP (事業継続計画)における事業継続上の確保すべき物流拠点として、更に重要な役目を担います。弊社は、このような港湾機能を地震から守るため、ジャックスマン工法、ジオパスタ工法ニューマックス工法カーベックス工法等の耐震対策工法の中から、お客様のニーズに合う最適な工法をご提案いたします。

港湾

工場や事務所

工場建屋に耐震対策を行ったとしても地震対策は万全ではありません。地盤がゆれて機械がズレたり、 配管類に損傷が発生したり、場合によっては建屋の損傷も地盤を起因として引き起こされます。弊社は、工場の稼働を止めずに、ジェットクリート工法カーベックス工法で地盤の耐震補強を行う技術と経験を持っています。

工場や事務所

病院や学校

大地震が発生すると、病院は負傷者が多数運び込まれその対応に追われます。また学校は避難場所や救援拠点になるなど、平時以上の役割が期待されています。したがって、これらの施設は建物の耐震化だけではなく、ライフライン設備や避難場所となる敷地の確保も重要になってきます。弊社はジェットクリート工法ジオパスタ工法カーベックス工法などを駆使して、病院や学校の活動に全く影響を与えない、「居ながらの耐震対策」をご提供いたします。

病院

学校

耐震液状化工事 実績

実績

旧消防法に基づき設計された石油タンクを、新基準に適合させるため、基礎地盤の液状化対策工事をニューマックス工法で施工しました。機械が小型である特徴を生かし、タンク内の利用できる空間を最大限有効に使った複数セットの施工により、工期もコストも他の提案工法に比べて大きく縮減することができました。

実績

旧消防法に基づき設計されたN市の石油タンクを、新基準に適合させるため、基礎の液状化対策工事をカーベックス工法で行いました。貯蔵タンク防油提の外から、150mにおよぶ長距離自在削孔を行い、施設の操業を止めずに、複数基のタンクの基礎地盤を一度に改良しました。

実績

液化プロパンガス貯蔵タンク基礎地盤の側方流動抑止対策を行いました。埋立地であり、地震による地盤の側方流動が懸念されたため、タンクと護岸の間に格子状の地盤改良ブロックを築造しました。ジェットクリート工法の特長を生かし、操業を止めず、送液中のLPG配管の間を変状無く安全に施工しました。

実績

自動車の積み出し岸壁の液状化対策を、ニューマックス工法カーベックス工法で行いました。 カーベックス工法により、岸壁から離れた空き地に施工機械を設置し、自動車の積み込みを邪魔せずに施工を行うことができました。

実績

主要自動車道路にある海底トンネル導入部の基礎部の液状化対策工事をカーベックス工法で施工しました。施工は注入区間から離れた駐車場に機械を設置し、曲がり削孔で行ったため、 交通量の多いトンネルの通行車両には全く支障を与えませんでした。

実績

地震で損傷した既設建物杭頭の耐震補強および、液状化層の液状化対策をスーパージェット工法ジオパスタ工法で行いました。建物の外周に沿った杭は大きな改良径で外部から、建物内側の杭は、狭い室内から小さな機械で、経済的で効率のよい施工を行いました。

実績

旧法石油貯蔵タンク基礎部の耐震補強としての円弧すべり対策を、ジオパスタ工法で施工しました。機械のコンパクト性を生かして、防油提内配管類に触れずに簡易足場を組み配管の間隙から施工を行いました。

実績

上野動物園のモノレールの橋脚基礎の耐震補強工事をクロスジェット工法で行いました。交差噴流により、均質で一定径の地盤改良を杭の周囲に行い杭を補強しました。

実績

原子力発電所の冷却水ダクトの耐震補強工事をジェットクリート工法で行っています。強度を任意に設定できるので、要求設計強度に合わせて高強度の地盤改良を行っています。

実績

スーパー堤防の本体を支える地盤の耐震補強としての円弧すべり対策を、ジオパスタ工法で行いました。通常の重機械を使う地盤改良工法では無理な、斜面からの施工も軽量の施工機械を簡易足場に載せて施工しました。