工法紹介

注入工法

地中に設置した注入管から、固化時間を調節できる材料を地盤に吐出し、止水や地盤強化をする工法です。

関連技術

ニューマックス(発明技術)[NETIS登録 KT-140076-A]

上から下へ注入を順次繰り返す理想的な下降式注入を行います。
軟弱地盤にパッカーが掛けられます。

ニューマックス(発明技術)

カーベックス(発明技術)

計画したとおりに自由に曲げて削孔できます。遠隔地から構造物直下の地盤改良ができます。

カーベックス(発明技術)

ジオフォース

流水中でも希釈されない水中不分離型懸濁系注入材です。

ダイナプレス(発明技術) NETIS登録 KT-030013

ダイナプレス(発明技術)[NETIS登録 KT-030013]

グラウトに脈動を与えることで注入効果を向上させます。

ダイナプレス(発明技術) NETIS登録 KT-030013

導入技術

  • ダブルパッカー
  • コンパクショングラウト
  • エアパック
  • 注入工法の実績はこちら
  • 技術に関するお問い合わせはこちら