企業情報

社長挨拶

代表取締役社長 立和田裕一

地下を守る

ケミカルグラウトは、1963年(昭和38年)1月の創業以来、半世紀をこえて、地下に関することを専門に特化し、国内はもとより、世界の社会資本の充実・発展に寄与してまいりました。
これもひとえに皆さまの日頃のご愛顧のお蔭に他なりません。心より感謝申し上げます。

当社は、「技術立社」を社是として、ものづくりの原点である技術力を事業の基盤に置いてきました。品質と経済性において競争力に優れた新技術を生み出し、社会に結びつく技術を提供してまいりました。現在、当社の技術は、地下のいたる所に使われており、見えないところで、私たちの生活と安全を守っていると自負しております。

しかし、いまだ頻発する大地震や集中豪雨による災害など、近い将来に起こりうる災害の備えとして、インフラ対策については、まだまだ十分なものではありません。当社は、国や自治体が進める災害対策に積極的に参加して、地盤改良を中心とした地下の技術により国土強靭化に寄与してまいります。

また近年、環境保全に関して、建設業界における重要度が増しており、地盤改良工事、基礎工事など地下に対する工事にも、今後益々環境に配慮した技術への期待が高まってきています。当社保有の環境配慮型技術は、今後様々な分野でお役に立てるものと考えております。

当社が、さらに目指す分野は「建築」です。これまで建築の分野で、当社の知名度はあまり高いものではありませんでした。しかし、これまで土木で培ったパイオニア精神を胸に、保有技術をさらにブラッシュアップし、建築に求められる安定した高品質の高圧噴射撹拌工法をご提供出来るようになりました。これにより当社は、昨年から建築の地下分野に積極的に参入しており、さらに当社が保有する多種の技術を複合的に活用する事で、建築の分野で今までに無い、新しいご提案が出来るものと考えております。

当社は、皆さまの生命や生活、また地球環境、土木、建築の分野に対して、地下から支える気概を持って全社一丸となって努めてまいります。
そこで2019年の初めに、その思いのシンボルとして、当社に新しいキャラクターを作りました。キャラクターには、愛される会社を目指して、「ちか」と「まもる」と名付けました。
「ちか」と「まもる」共々、皆さまに愛されますよう、社員一同、誠心誠意取り組んでまいりますので、今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 立和田裕一

  • オーダーメイドシステム

    機械・ツールスの小型化、改良体の径と強度を自在にコントロールするケミカルグラウトのオーダーメイドジェットシステム

  • 環境配慮型技術

    自然地盤との調和、CO2の排出抑制など環境に配慮する工法・技術紹介

  • 雑感

    地震や液状化、地盤凍結について、当社社員による雑感を掲載しています。

  • 技術論文

    当社の技術に関する各種論文紹介