企業情報

オーダーメイドシステム

従来型の高圧噴射攪拌工法は仕様が固定されており、お客様のご要望に応えきれない局面がありました。
例えば

  • 鉄道の営業線近傍での施工
  • 稼働中の工場内での施工
  • 非常に狭隘な低空頭施設での施工
  • 大規模な土留め欠損部の施工
  • 既設個人住宅の液状化対策
  • 官民境界での施工

そこで、お客様の様々なご要望にお応えできるよう…
当社の40年に及ぶ高圧噴射技術を基に、機械・ツールスの小型化、改良体の径と強度を自在にコントロールするオーダーメイドジェットシステムを確立しました。
そのコントロール範囲は,対象土質,その強度等により一律とは言えませんが,施工実績では概ね以下のとおりです。

  • 改良径:φ0.5m~φ8.5m
  • 改良強度:一軸圧縮強さqu= 0.1~10MN/m2

システムフロー

事前調査

改良目的に応じて必要となる地盤データを収集します。 ex.地層区分名,N値,c,φ,粒度分布

設計

事前調査データを分析し、必要改良範囲、改良強度を決定する設計業務に反映します。
必要改良範囲をカバーする最適改良径を提案するのみならず、改良範囲そのものの見直しを含め最適解を提案します。
全円(円柱状)改良のほか、扇型改良、壁状改良も提案します。

施工システムの選定と確認

設計及び施工条件に合致した施工仕様(超高圧力,流量,造成速度,回転数等),施工ツールス,施工機械を選定します。 施工ツールスをはじめとするさまざまな装置は、弊社の専用工場にて製作・管理されています。

施工

狭隘箇所での施工,重要構造物に近接しての施工,大深度施工等々

事後調査

当該工事の出来形、品質管理に必要となる調査のほかに、施主の了解のもと自主調査を実施し、改良体の物性値等設計資料の充実を図っています。
ex. 改良体の粘着力,付着力,引張強度,現場/室内強度比 等

リユースシステム

高圧噴射攪拌工法の最大の課題は、大量の建設汚泥(自硬性)が発生することです。
この建設汚泥の減量化、再利用に着目した技術としてリユースジェットシステムを開発しました。

  • Co2削減をはじめとする環境負荷低減に寄与することができます。
  • 現時点では、汚泥の中間処理施設が著しく遠隔である場所への適用が考えられます。
  • 将来的に首都圏の埋め立て処分場が満杯になった時、工法に必須なシステムとなります。

リユースジェットシステム

リユースジェットシステム 実例

技術に関するお問い合わせはこちら