工法紹介

ジェットクリート

従来の仮設目的の地盤改良から、既設構造物の耐震補強・支持力増強等の永久目的まで対応する高圧噴射撹拌工法です。(NETIS登録 KT-170003-A)

工法の特長

"オーダーメイドシステム"をもとに、お客様のニーズに合った最適解を提案する高圧噴射撹拌工法です。

  • 改良体の径と強度を自在にコントロールすることができます。
  • 従来工法に比べて汚泥(産業廃棄物)の量が少なくなります。
  • 高性能・効率化により工期の短縮が可能です。

使用材料

固化材(発明商品)

名称 設計基準強度
JC 固化材 任意に設定可能(ただし、砂質土で3.0MN/㎡、粘性土で1.0MN/㎡を標準設計基準強度とします。)

オーダーメイドジェットシステム

適用範囲

適用事例

1.狭隘施工 → クレーンを使用せずに施工

2.支持力増加対策(高強度改良体) → 設計基準強度 : 5MN/m2

3.液状化対策(低強度改良体) → 設計基準強度 : 0.1MN/m2以上
(現場平均強度 0.5MN/m2以上)

4.扇形施工

5.大口径施工(φ8.5m)→ 欠損幅7.0mの防護

  • オーダーメイドシステム

    機械・ツールスの小型化、改良体の径と強度を自在にコントロールするケミカルグラウトのオーダーメイドジェットシステム

  • 環境配慮型技術

    自然地盤との調和、CO2の排出抑制など環境に配慮する工法・技術紹介

  • 雑感

    地震や液状化、地盤凍結について、当社社員による雑感を掲載しています。

  • 技術論文

    当社の技術に関する各種論文紹介