工法紹介

ジオパスタ

液状化対策に最も柔軟に対応できる工法です。(NETIS登録:KTK-070002-A)

工法の特長

  • 狭い場所や低空頭の空間でも施工ができます。
  • 任意の深さに任意の長さで造成できます。
  • 施工時の地盤変位はありません。
  • 小さな孔から巨大な改良体を造成できます。
  • 既存の構造物と確実に密着した改良ができます。
  • 地中埋設物がある場所でも施工ができます。
  • 有効径をφ2.2mから5.0mまで目的に合わせて自由に設定できます。

工法の特長

設計基準強度

砂質土での設計基準強度(一軸圧縮強度qu)は100kN/m2以上とします。
注1)改良体の単位体積重量は現地盤と同等とします。
注2)設計強度は4週強度です。

適用範囲

適用範囲

適用事例

  • オーダーメイドシステム

    機械・ツールスの小型化、改良体の径と強度を自在にコントロールするケミカルグラウトのオーダーメイドジェットシステム

  • 環境配慮型技術

    自然地盤との調和、CO2の排出抑制など環境に配慮する工法・技術紹介

  • 雑感

    地震や液状化、地盤凍結について、当社社員による雑感を掲載しています。

  • 技術論文

    当社の技術に関する各種論文紹介