実績紹介

地域別実績

熊本地震応急復旧工事(木山川橋)

地域 近畿・中国・四国・九州
目的 災害復旧 
工法 地中連続壁工法/場所打ち杭工法
工期 2016/05~2016/12
コメント 2016年4月14日の熊本地震震源地に近方の九州自動車道益城熊本空港IC~松橋ICにかかる木山川橋梁に甚大な被害がでました。損傷した九州自動車道は重要なライフラインであり、木山川橋梁行下部をBH杭(道路延長780m、支持杭300本)で仮受けし5月中に制限速度50kmまで引き上げることとなった。 日本全国から機械10セット、施工班17班を連休中に集め、総勢約90名の施工体制で挑み目標であった5月中で完工した。その後、仮受け用ベントを設置して本復旧工事を行い2017年4月28日には、益城熊本空港IC~松橋IC間の4車線全線の復旧となった。場所:熊本県益城町

大阪府立中之島図書館耐震補強工事

地域 近畿・中国・四国・九州
目的 耐震補強・液状化対策 リニューアル 
工法 高圧噴射撹拌工法
工期 2013/01~2014/11
コメント 明治時代に建造された大阪府立図書館の基礎地盤液状化対策としてGEOPASTA工法を施工しました。図書館を閉鎖せずに(図書の市民貸出業務を行いながら)、施工が可能であることから、GEOPASTA工法が採用されました。 場所:大阪府大阪市

倉敷基地プロパン貯槽1工事

地域 近畿・中国・四国・九州
目的 社会基盤整備 
工法 注入工法
工期 2005/10~2011/10
コメント 日本で初めて常温高圧の液化石油ガス(LPG)を地下岩盤内に貯蔵する国家備蓄基地(正式名称:倉敷国家石油ガス備蓄基地)として建設された工事です。備蓄方式は水封式地下岩盤貯槽方式となっています。 岡山県倉敷市の海底下200mに長さ640mもの大空洞を構築するものであり、高水圧下での作業は難航を極めました。さらに水封式地下岩盤貯槽方式は、通常のダムグラウトの1/10以下の非常に低い透水性が必要とされるものでした。 当社は動的注入方式や早期硬化型超微粒子セメントなどの新技術を開発し、無事故で完成させました。 場所:岡山県倉敷市 写真:JOGMEC提供

熊本高森線 俵山トンネル外復旧工事

地域 近畿・中国・四国・九州
目的 災害復旧 
工法 法面保護・環境保全工法
工期 2016/11~2017/05
コメント 熊本地震で大きな被害を受け、通行不能となった俵山トンネルルート。県道熊本高森線の西原村小森から南阿蘇村河陰間(約10km)について国が直轄事業として災害復旧工事が進められている。当工事は、その一つとして阿蘇地域の物流の円滑化、観光振興および冬季の安全な通行を確保するために、俵山トンネル破損部および坑口部土砂崩れ部の早期復旧が求められた。 当社は、坑口部の法面保護として土砂崩れ部法面切土・整形後のモルタル吹付工事を担い、目標としていた年内に完了させ、2016年12月24日に無事開通することができた。開通後、引き続き坑口部の法枠工(約10,300m)を施工し、無事工事を完了した。場所:熊本県阿蘇郡

一級河川 神崎川防潮堤補強工事(千船大橋下流右岸)H26その9

地域 近畿・中国・四国・九州
目的 耐震補強・液状化対策 
工法 高圧噴射撹拌工法
工期 2014/12~2015/09
コメント 大阪市内の河口部(西地区)は海抜0メートル地帯が広がっており、ひとたび地震が発生すると地盤の液状化に伴い防潮堤が沈下し、背後地の宅地や工場は、潮位や地震後に来襲する津波等により浸水する可能性があります。そのため、神崎川筋の防潮堤においても、南海トラフ巨大地震を対象とした耐震対策が急がれています。 対策工法として、高圧噴射撹拌による地盤改良が採用されていますが、本工区においてGEOPASTA工法が採用されました。この工区は在来線の駅舎が近くにあり、住宅地が密集しています。通常の施工方法である公道の利用は、近隣住民の通行等への影響が大きいと判断されたため、陸上のプラント設置をやめ「台船プラント」を採用しました。また、発生する排泥については土運船による処理を行いました。場所:大阪府大阪市

京都市南部クリーンセンター第二工場建替整備工事

地域 近畿・中国・四国・九州
目的 社会基盤整備 
工法 機械撹拌工法
工期 2016/01~2016/07
コメント 本施設はごみの安心・安全な適正処理、エネルギー回収の最大化による温室効果ガスの削減と併設する環境学習施設により、環境意識の向上を図り、持続可能な社会、低炭素社会の構築に向け積極的な役割を果たすクリーンセンターとして建設されている。建物の地業は機械撹拌工法が採用されており、改良径1,600~2,000㎜で1,351本、延9,601mを施工しました。他にも山留工事を施工しました。場所:京都市伏見区

四国電力分水第一発電所改良土木工事

地域 近畿・中国・四国・九州
目的 社会基盤整備 
工法 グラウンドアンカー工法
工期 2014/04~2016/01
コメント 地下200mに大空洞(長さ54m×幅18m×最大高さ33m)を構築し地下発電所を建設する工事です。当該地質は、剥離性・異方性の強い三波川変成岩であることから空洞掘削時の岩盤崩落の防止と長期安定性を図る目的で天井から壁面にかけてPSアンカーを打設しています。例を見ない上向きアンカーのため、テンドン挿入機の作成、膨張性注入材料の使用など特色のある施工を行っています。 場所;高知県いの町

撫養港海岸桑島瀬戸地区堤防改良工事

地域 近畿・中国・四国・九州
目的 耐震補強・液状化対策 
工法 高圧噴射撹拌工法
工期 2014/09~2014/10
コメント 港湾施設及び護岸の液状化対策工事として、GEOPASTA工法(高圧噴射撹拌)が採用され施工しました。 当初の設計案は鋼矢板による締切工法でしたが、施工不能な場所があること、空頭制限のある狭い空間での施工であることから、GEOPASTA工法に変更されました。場所;徳島県鳴門市

舞鶴野原港高浜線道路災害防除工事

地域 近畿・中国・四国・九州
目的 防災 
工法 法面保護・環境保全工法
工期 2013/10~2014/03
コメント 交通量の多い県道脇の法面保護工を施工しました。仮設用地を確保しながら通行車両等への安全配慮をしなければなりませんでしたが、無事故で完成させることができました。 場所:京都府舞鶴市

大阪北共同溝交野寝屋川地区工事

地域 近畿・中国・四国・九州
目的 社会基盤整備 
工法 ICELOCK工法(凍結工法)
工期 2012/09~2014/03
コメント シールドトンネルと隣接する立坑を地下25メートルの位置で接続するための仮設防護工として、ICELOCK工法で施工しました。地上から施工ができないため、地中施工が可能で信頼性が高いということがICELOCK工法が採用される根拠となりました。工期は4ヶ所分の施工期間です。 場所:大阪府寝屋川市

九州電力㈱ 新大分発電所増設工事

地域 近畿・中国・四国・九州
目的 社会基盤整備 
工法 地中連続壁工法/場所打ち杭工法
工期 2013/06~2014/03
コメント 新大分発電所はLNGを燃料として高効率な発電を行う九州で最大級の火力発電所です。2013年度、世界でも最高レベルの効率を有する発電所を増設する工事が始まりました。 弊社は地下の総合エンジニアリングとして、SMW土留壁、地盤改良(GEOPASTA工法、ジャックスマン工法、薬液注入工法他)、水処理、アンカー工等、基礎工事の主業者となり計画検討から施工まで一貫してその責任を果たしてきました。 特に電力不足が懸念されている中、工期を短縮するため様々な工夫を行い、発電所という最重要社会基盤としての品質を確保するとともに、決して事故を起こさないという覚悟で工事を進めました。 場所:大分県大分市

メガソーラー発電所建設工事

地域 近畿・中国・四国・九州
目的 社会基盤整備 
工法 環境配慮型技術
工期 2014/03~2014/11
コメント 日照時間の長さや遊休地が多いといった理由により、九州は全国に先駆けてメガソーラー発電所建設が積極的に進められていました。弊社は早期の段階から基礎設置方式の検討に着手して、保有技術の見直しと改善を行い、転石のある傾斜地でも低コストで太陽光パネルの基礎を設置できるキャストインパーカッション方式を開発しました。 2014年度は大分、佐賀の山間地に3ヵ所、太陽光発電所を設置しました。 場所:佐賀県

殿ダム建設工事 基礎処理工

地域 近畿・中国・四国・九州
目的 社会基盤整備 
工法 注入工法
工期 2007/06~2012/01
コメント 工事着工前のダムサイト河床部の深部でルジオン値が100以上の高透水部が広範囲に存在していることが確認されていました。このまま施工すると周辺環境への影響が大きくなるばかりでなく、適正な施工が困難と判断されたことから、カーテングラウトに先行して高透水部を囲う範囲でカーテングラウト下流側にストッパーグラウトの施工を行いました。 場所:鳥取県鳥取市

大阪港北港南地区岸壁改良工事

地域 近畿・中国・四国・九州
目的 耐震補強・液状化対策 
工法 高圧噴射撹拌工法
工期 2010/09~2011/01
コメント 関西物流のハブ港である大阪港の護岸コンテナヤードの地震時液状化対策として、GEOPASTA工法(高圧噴射撹拌)・PX工法(浸透固化注入)を用いて地盤改良を行いました。 注入材による海洋汚濁を防止するため、あらかじめ護岸捨石部に可塑性材料を用いて間詰充填を施しました。 場所:大阪府大阪市